【梨泰院クラス】エピソード1

投稿者: | 2020年6月23日

イテウォンクラス
※画像はNetflixから引用

新しい高校に転校したセロイ。初恋の人との出会いやその後の人生を左右してしまう出来事など、衝撃的な展開が待ち受けます。

動画を見たい人は、Netflixで見てください。

ーーーーー

どこかの部屋

女性が何やらカウンセリングを受けている。女性人生を悲観ししている。社長に話したら「そんなに面倒なら死ね」と言われたと笑う。でも自分が中二病だと気づいたと話す。最後にカウンセラーに割引券を渡して、部屋を出ていく。

高校

セロイは夜間学校に来なかったことで罰を受けて、バケツを頭の上に上げて怒られている。セロイはふとバケツの水を頭かかぶる。イカれているわけではなく、真面目なんだとラジオから流れる。片思いの同級生からの手紙だった。

転校前日に、その同級生からチョコと一緒に告白されるが、セロイは断ってしまう。甘いものが嫌いだそうだ。

階段で物乞いを振り払う女子高生。物乞いが倒れたときにセロイが助けるが足を負傷してしまう。女子高生(オ・スア)に突き飛ばしたことを問い詰めるが知らん顔をする。

警察学校の体力試験

怪我をしているが満点を出すセロイ。

墓地

パク部長に車の中からカン常務が声をかける。セロイと一緒に引っ越す話をする。(セロイの父親がパク部長)転校先は会長の息子が通っている高校のようだ。

カン常務は、長家が支援しているケナリ園の支援をやめると話す。会長がテレビに出た高齢者施設を支援すると決めたらしい。会長は絶対的な存在と思われる。

ケナリ園

セロイとパク部長は、ケナリ園にきた。そこで駅であったオ・スアと出会う。パク部長とスアは以前からの知り合いだったようだ。スアに支援打ち切りの話をする。支援がなくなっても料理をしにくると約束する。

人助けをするセロイを責めるスア。浸りは仲良くなれないようだ。

バス停

セロイがバス停に近づくと、スアがいて躊躇する。その時車が近づいて、金髪の同級生がスアを誘うが断る。

高校

クラスで紹介されるセロイ。スアと同じクラスで隣の席になる。その後牛乳のことでいじめられる生徒がクラスに入ってくる。いじめているのは、会長の息子であり、スアを誘った金髪の生徒だった。スアは長家の会長の息子だから関わるなというが、止めに入る。

反省のないチャン・グンウォン。ここでのルールは俺だという。先生も見て見ぬ振り。あまりの怒りにグンウォンを殴ってしまう。

校長室に呼ばれるパク部長。そこには会長である父親も現れる。退学処分にして法的責任について校長が話す。

法的責任はパク部長との長い付き合いなので問題ないと会長は言う。退学については、会長が善処すれば免れると校長が話す。だが、大事な長男が殴られたので、けじめとして息子の前で土下座することを要求する。

セロイは、「過ちを犯したら罰を受ける」「信念を持って生きろ」と父親に教えられたと話す。いじめをやめないのを見かねて殴った。退学になっても自分の信念のため、謝ることはできないと話す。パク部長は息子が誇りだと話し、長家を辞めた。

居酒屋

暴力は正当化できないとセロイに話す。酒の飲み方をセロイに教える。お金はあるので自分の店を出すことを決意する。

高校

翌日セロイの退学が発表される。スアが帰ろうとするとグンウォンが限定の新しい車を買ったので、送るというが丁重に断る。

バイト先

スアのバイト先にパク元部長が買い物にくる。色々と個人的に支援されていること恩返しを出世払いにするという話をする。

大学受験の日

バスに乗ったとき、スアは受験票を忘れたことを気づく。取りに帰り次のバスで間に合わないので、走っているとセロイが現れて、一緒に走って大学まで行く。時間に間に合ったスアは受験を終えて、出てくるとセロイが待っていた。

まだ仲良くなれるかとセロイが確認し、水辺で2人で語り合い、スアの電話番号を教えてもらう。スアに頭が固い男は苦労する方、好きにならないでとセロイに話すが、セロイは人の心は予測不能を話す。

パクの店

自分のお店のオープンの準備を2人でする。スアも含めて3人で仲良くしている。

ある夜

バイクで電話しながらセロイの元に急ぐパク。突然後ろから追突されて、はやし苦げ飛ばされる。
退学とか色々合ったが、生きていればなんとかなるとセロイのナレーション。

葬儀

セロイは抜け殻のようになっている。退学になったときの父親との会話を思い出す。何を考えているか聞くセロイ。「転校初日に退学になったので制服代がういた」と冗談で返すパク。

スアが声をかけるが、何かをもらった記憶しかないとセロイがつぶやく。(失ったときに気づくやつですね)

そこに刑事が来て、容疑者が出頭したという話を聞く。示談したいという話を受けていると伝えると、命を金で計るのかと絶望する。倒れ込むセロイの手から落ちた資料にあった車の写真をみて、グンウォンの車だと気づくスア。それを聞いたセロイは立ち上がって、歩きだす。止めようとするスアだが、止められなかった。。。

雨の中

手を負傷したグンウォンが雨のなか病院の外にいると、セロイが現れる。自分の全てを奪ったグンウォンを前に冷静に話す。グンウォンは逆に怯えている。

グンウォンを殴るセロイ。医者を呼ばなかったことを問い詰める。金持ちが助かり他の人が罰を受けるのはおかしいとつぶやくセロイ。倒れ込んでいるグンウォンを殴りつける。泣きながら命乞いをするグンウォン。

謝る相手はもういない。直接謝れと殴りつけるセロイ。グンウォンはぐったりしている。最後に手に石を持ち死んでしまえと殴りつけようとするセロイ

ーーーーー

シーズン1 エピソード1 の感想

退学、自分のせいで親が退職、警察学校への進学や唯一の親族である親の死亡などセロイにこれでもかというくらいの悲劇が訪れた衝撃的な話でした。

すべてを失ったセロイ。最後グンウォンはどうなったのか?殺してしまったのか??

グンウォン役の「アン・ボヒョン」が、悪役にハマりすぎ。見ただけで嫌気感じるようなキャラでした。第1話で終わったら残念です。他にもオ・スア役の「クォン・ナラ」がすごくキレイでしたね。

Netflixで話題沸騰中の梨泰院クラス。今後の展開が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です