【ブラインドスポット シーズン3】第2話 核の脅威

投稿者: | 2018年4月25日

FBI系のサスペンスドラマ
テロ組織を壊滅させたカートとジェーン達FBI。新たなる脅威が彼らに迫る!!

blindspot3_logo

シーズン1は見逃した人はこちら → ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス Blu-ray
シーズン2は見逃した人はこちら → 【Amazon.co.jp限定】ブラインドスポット 2ndシーズン ブルーレイ コンプリート・ボックス(4枚組) Blu-ray
ーーーーー

森の中

ハンティングを楽しんでいるおじさん二人に銃を持った迷彩服の男が現れて、森に入るなと警告する。おじさんたちは脅したが、隠れていた仲間に撃たれしまう。

カートの家

朝の他愛もない話をする。督促状を見て驚くジェーン。共働きだし取り戻せるとカートは楽観的になる。
ジェーンは隠したお金のことは話さないが、自分がビーガンになったと話す。(ビーガンとは、ベジタリアンに似たもの)

FBI

パターソンとスチュアートがシステムについて、言い合いをしているとカートがタトゥーを至急調べたいといい出す。
ロマンに新しいタトゥーは解く順番があり、ペルセウスを解けと言われていた。
ペルセウスの手がおかしいこと(11本ある)を話すカート。似たような湖があることに気づき、捜索範囲を突き止める。

ロマンに従うのは危険だと話すリード。時間がないので今すぐ動くべきだと話すカート

夜まで操作していたリード達。諦めた時に空から人工衛星が落ちてきた。
人工衛星に書かれている文字がタトゥーと同じだと話していたら、敵が現れて人工衛星から何かを回収して逃げていった。

FBI

人工衛星を分析するパターソン。持ち主を調べれば何が取られたかわかると話す男の職員。
リードはカートを部屋に連れていき、思いが一緒であることを確認する。(カートはロマンのことは隠している)

シドニー

PTSDの集会に参加しているロマン。ロマンを気にかけて話しかける男。家で飲もうと誘われる。

FBI

プロテクサットの人工衛星だと突き止め、職員を呼び出す。男と女の職員が来て、人工衛星が「特定されると挙動不審になる。二人はDOD(国防総省配下)に所属していた。

人工衛星はミサイル防衛システムの一部であった。CIAが北朝鮮がミサイル準備をしていて、カリフォルニアを狙っているという情報が入る。ミサイル防衛システムが無効になると大陸間弾道ミサイルが届いてしまう。

人工衛星が一つでも残っていれば、防衛システムは機能するらしい。

スチュアートが、傭兵を調べていて、森での事件にたどり着き、男の顔を映し出すと、ジェーンがドワイヤ・リーだという\\
ドワイヤ・リーとは人身売買のときに仲間になったと話す。ジェーンは人助けをしていた。
その後カートとジェーンは言い合いになるが、パターソンに呼ばれる。

ドワイヤは北朝鮮から資金提供をされていた。関連するペーパーカンパニーが所有した不動産から居場所を割り出す。

ブルックリンの住宅

時間に来ない依頼主に苛ついてたドワイヤ達の所にカートたちが踏み込み、ブラックボックスを回収する。

FBI

マーシー(女性職員)がブラックボックスを調べている。ドワイヤに取り調べを行うリード。ふざけていて尋問が進まない。

ジェーンが尋問を行う。好きなハンバーガについて話したせいで捕まったと挑発するジェーン。ドワイヤは情報が漏れたのではないかと話す。

職員の男がビットコインで稼いだり、サーバにアクセスしていたことで尋問する。サーバにアクセスした時は病院だったことから、マーシーが犯人だと気づく。

路上

ブラックボックスを持って、FBIに送迎してもらっているマーシーが、FBIを射殺して逃走する。

シドニー

男(トム)がロマンにお金のことなど色々話していた。飲み物に毒が盛られていて、いろいろ喋ってしまったらしい。母親の旧姓や初めて飼ったペットを聞き出したので、銀行口座にもアクセスできるようになった。

ただロマンは、お金だけが目的ではないと話す。

トムが死んだ後、トムのマネをするロマン

FBI

マーシーの行動を読んで、プラネタリウムに向かう。車の中でカートがロマンからタトゥーのことを聞いたと告白する。ジェーンを罰するためにロマンが動いていると話す。\\
プラネタリウムについたが、マーシーはすでに殺されていた。パターソンがハッカーがハッキングしていると連絡してくる\\
銃撃戦をくぐり抜けて、マシンルームにたどり着くカートとジェーン。残り2つというところで制圧する。

FBI

事件は解決した。この解決によって、チームの信頼が高まった。

カートの自宅

トーフハンバーグを焼いて、警報機を鳴らす。普通の暮らしをしたいとカートが話す。外に出て買い物をしようというジェーン。

お金がないというカート。隠していたお金を正直に告発する。

リードの家

ザパタが訪ねると、リードの彼女が出てきて、3人での食事に誘われる。

スチュアートの家

パターソンがいつも言い合いをしていたのを謝ろうと、スチュアートの家に来たら、スチュアートが「殺されていた。
ーーーーー

シーズン3 エピソード2 「核の脅威」の感想

ロマンに操られるカート達。チームがそれぞれ隠し事をしている状況で、その絆を壊そうとしているロマン。

シドニーでロマンは何をしようとしているのか?お金以外の目的とは??

そして、結構話に出てきたスチュアート。第2話目にして殺されてしまいました・・・・・。なぜ殺されたのか?謎がどんどん増えていきます。

次回が楽しみですね、

【ブラインドスポット シーズン3】第2話 核の脅威」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【目次】ブラインドスポット タトゥーの女 – ハマる海外ドラマ情報!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です