ついに原因究明のためにメンバーが揃う – 暴走地区-ZOO- シーズン1 第3話

投稿者: | 2017年1月5日

フランスで接触してきた謎の男、ガスパード・アルベスは何者?ついに物語が核心に向かって動き出す。

支配するのは人間か、覚醒した動物たちか?
2015年にアメリカで放送された「暴走地区-ZOO-」がWOWOWで2016年の年末にシーズン1とシーズン2が一挙放送されましたので、1話ずつあらすじと感想を書きます。ネタバレを含みます。
zoo_season1

少し書き順が違いますが、内容に影響ないのでご容赦ください。
DVDで観たい方はこちらからどうぞ → ZOO-暴走地区- シーズン1 DVD-BOX(6枚組)

ーーーーー

スロベニア

クロエとガスパードはスロバニアの霊安室に入る。遺体は6体あり、犬の大虐殺だとガスパードは言う。動物界ですごく奇妙なことが起きていることをクロエも気づいているだろうと話を続けた。

東京

ジャクソンとエイブラハムは東京に降り立った。母親から貰った住所にたどり着くと、一人の女声が出てきて、訪ねてきたのがジャクソンだと気づいた。女性は父親と再婚した相手であった。父親の研究資料はそこにはなく、別の場所にあると告げられ、3人で飛行機で向かった。

目的の場所は、福島から30kmにある島だと話す。線量計を渡される。その後、普段そんな高度で飛ばないコウモリたちが大群で飛行機に突っ込み飛行機は墜落してしまう。

ロサンゼルスのどこかのカフェ

ジェイミーはミッチに自分の地元の政治家に会いに一緒に行ってくれるようにお願いをする。ライオンがミツバチのように離れたところでも交信できるという仮説があれば、レイデンを追い詰められると信じていた。ミッチは渋々ついていくことにした。

ビロクシ

どこかの刑務所。一人の男が死刑執行前日に身なりを整えていた。所長に呼び出され最後に遺族にあって、遺族の願いを叶えてあげることを勧めるが、エバンリーは拒否する。ふと外を見ると狼が立っていた。それを見たエバンリーは遺族に会うことを了承した。

スロベニア

事件現場に訪れたクロエは、自分が必要な理由がわからないと話すが、犬の行動を人間とした場合で分析しろと言われる。遺体の状況から殺された時期が異なっていて、捜索願が出されていないことから、観光客などが犠牲になっていると分析する。またこういう事件の場合は殺しのテクニックを磨く場合が多いとも分析するが、犬の行動ということで納得がいかない。

ニューオリンズ

空港でレンタカーを借りようとしたがクレジットカードが通らない。ミッチがクレジットカードを出した後、ジェイミーは会社を首になったことを話す。ミッチは自分は降りると話すが説得されて行動を共にする。

ジェイミーの母親のお墓に花を供える。母親は癌になって死んだとミッチに話すジェイミー。他にも多くの人がガンで死んだが、レイデングローバルは大企業になってしまい、太刀打ちできなかったと話す。

福島の近郊の島

飛行機が墜落したのは、目的地の島であった。パイロットと父親の再婚相手は死んでしまったが、ジャクソンとエイブラハムは大きな怪我はしていなかった。墜落時に救難信号を送っていたので助けが来るが、それまでに父親の研究を確かめようとする二人は、島の奥に進む。

暫く歩くと父親が研究していたと思われる小屋を発見する。その時奥から馬が二頭現れた。その馬たちは眼をえぐられていた。小屋の中には研究資料があり、動物の眼も保管されていた。父親はここで反逆の瞳について研究していたのだ。

父親の研究の結果から、眼を取り除けば事態は解決すると言う結論に至ったようだが、世界中の動物の眼を取るのかとエイブラハムは言う。

線量計から音がしなくなったことに気づいて、慌てて小屋から脱出する2人。そこにヘリが救出にきた。中から出てきたのはなんとガスパードであった。

ニューオリンズ

ジェイミーはついにレイデングローバルを倒すための証拠を見つけたと議員に話すが、議員はこちらが何かしても、更に倍で向こうは返してくる。この戦いは終わったとジェイミーに告げる。

どこかのバーで絶望するジェイミー。ジェイミーが席を外したとき、ミッチの前にガスパードが現れる。ミッチに協力を依頼するがミッチは条件があると話す。(多分この条件はジェイミーの参画と思われます。)

ビロクシ

エバンリーは殺した男の妻と面会する。妻は無実を主張していたが本当のことを話してほしいと話す。エバンリーはその時の状況について話す。狩りをしているときに襲った。その時の衝動は今もあると話す。妻は気分が悪くなり部屋を出て行く。

見送りをした所長に狼が襲いかかった。そしてオオカミたちが刑務所に入り込んで大きな騒ぎとなった。

東京

どこかの部屋。ミッチとジェイミーが部屋で待っているとジャクソンとエイブラハムが連れてこられる。

待っていると、デラベインと名乗る人物が現れる。デラベインはジャクソンの父親の説が始まったと語った。ミッチは動物たちの黙示録が起きるわけ無いと話す。原因を究明するために5人を集めたと話すと5人目のクロエが登場する。

クロエはデラベインの代理人であり、ボスであると話す。

ーーーーー

シーズン1 エピソード3「蝉たちの沈黙」の感想

ついに5人が集まりました!なんとクロエがリーダー!!ジャクソンじゃないんですね。

福島の放射能の話が出てくるとは、ちょっとどうかなーと思います。それとなんで海外のドラマとか映画は、日本のシーンが日本じゃないんでしょう。ジャクソンたちがタクシーから降りたところは、どちらかと言えば中国っぽいですし、車のナンバーが違います。飛行機が落ちた島も日本じゃないでしょって感じの島だし。

また謎の人物「エバンリー」が出てきました。最初の髭をそっているシーンのエバンリーの左目が「反逆の眼」になっていました。面会しているときは普通でしたが。どういったキャラなんでしょうか。刑務所からは狼が脱走させてくれたということかな。

だんだんと盛り上がってきましたね!続きが楽しみです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ZOO-暴走地区ー シーズン1 DVD-BOX [ ジェームズ・ウォーク ]
価格:9039円(税込、送料無料) (2017/1/5時点)

 

ついに原因究明のためにメンバーが揃う – 暴走地区-ZOO- シーズン1 第3話」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【目次】ノンストップ・スリラー 暴走地区-ZOO – ハマる海外ドラマ情報!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です